療養病床:チューブで栄養6割超…高齢入院患者

記事リンク

http://mainichi.jp/articles/20160430/k00/00e/040/138000c

要約
主に高齢者が入院する療養病床で胃ろうなどのチューブで栄養を取る高齢者の割合が62.9%に上ることが日本慢性期医療協会の調査で分かった。欧米では口でたべれなくなったら寿命という考えに対して日本では人口栄養などで寿命を延ばすケースが多いとされる。

疑問
特になし

考え・主張
記事にあるように日本の療養病床での胃ろうなどの処置が広く普及していることが判明した。全入院患者に占める割合を算出。介護保険が適用される「介護型」病床では62.2%、医療保険適用の「医療型」では63.3%で大きな差はなかった。全体では62.9%。

 実施中の人工栄養の内訳をみると、介護型で胃ろう52.5%、経鼻栄養44.9%など。医療型で胃ろう41.2%、経鼻栄養34.3%、中心静脈栄養23.5%などだった。(記事より)
厚生労働省は今後、社会保障費抑制のため別の施設への移動を提案しているが介護型病床にも胃ろうなどを必要としている人も多いのでもう少し深く考える必要があるのではないか。