18歳選挙権、生徒紹介で校内取材「不適切」

記事リンク

www.yomiuri.co.jp

要約

今年から18歳選挙が始まることに伴い、宮城県教委は報道各社から依頼を受けて校内で生徒に取材をうけさせることは不適切だという旨の文書を全ての県立高校に送っていたことが分かった。県教委高校教育課は特定の生徒に取材を受けさせることによって生徒が困るような状況を作ってはいけない、と説明している。これに対して様々な見解がなされている。

疑問
果たして本当に政治的質問をすることが生徒に不安を与えるものなのか

考え・主張
今年から始まる18歳選挙についてその世代にどう思うのか質問することは間違ったことなのか。逆にその世代の生の声を聞くことでどのように若者が選挙というものをどのようにとらえているのか知る、国民に伝える、いい機会になるのではないか。今現在、選挙に対する関心がどの年代も低く、政治がうまく進まないのが現状である。そんな現状を打開するためにもこのように若者の声を聞くことは必要なのではないのか。県教委ももっと考えて警告を発信してもらいたい。少なくとも、今の選挙に対する現状を知るためにもこの行為は必要だと私は考える。