ミサイル「成功」、正恩氏「米攻撃できる能力」

記事リンク

www.yomiuri.co.jp

要約
北朝鮮朝鮮中央通信は23日、中長距離戦略弾道ミサイル「火星10」の試射に成功したと報じた。北朝鮮は中距離弾道ミサイルを22日に二発発射しており、試射は二発目を指していると思われる。金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長は「太平洋作戦地帯内の米国を、全面的かつ現実的に攻撃できる確実な能力を持った」と述べたという。

疑問
なぜミサイルを打ち続けるのか

考え・主張
以前から北朝鮮のミサイル、核開発は問題視されていたが本格的に対策していかなければならない状況になってきたのではないか。今までは失敗の連続であまり危険視していなかったが今回は目標水域に確実に着弾したと強調しており米軍拠点の米領グアムを射程圏に収めたと誇示する狙いがあるとみられることから今後は今よりも北朝鮮に対しての圧力を高め、国家間で争いが起こらないようにしてもらいたい。